すそわきがを食事療法で治す?!食べ物でにおい対策

食事をする女性

 

わきの下のわきがよりも深刻な悩みとなるすそわきが。まだ世の中にこの言葉さえも知らない方の方が多いかもしれません。

 

わきがは、わきの下だけではなく、すそという言葉の通り身体の下部分、つまり陰毛部周辺がわきがのニオイがするというものなのです。

 

ケアの方法はいくつかありますが、今回は食事療法のケアを御紹介します。

 

すそわきがの治療や対策!効果的なクリームランキングBEST3!

 

すそわきが改善のための食事

わきがというのはアポクリン汗腺から水分と一緒に、いろいろな成分が分泌されることによってニオイとなり、それらが雑菌となり繁殖し強烈なニオイとなるわけです。

 

その分泌される成分とは、たんぱく質、脂質、鉄分、尿素などです。これらがニオイの原因となっているものたちなのです。

 

では脂質や鉄分、タンパク質は何から作られるかというと、摂取した食事なのです。

 

肉食の方はベジタリアンの方に比べると体臭がきついという風に言われています。それは動物性たんぱく質の取り過ぎなのです。

 

バランスのよい食事をしないとわきがになってしまうということです。

 

その1:野菜を必ずとる

ダイエットや健康のために、という見方もありますがニオイのケアとしても野菜を摂取することは非常に大事です。肉を食べるなら、根菜ではなく葉っぱ類を食べるようにしましょう。

 

根ものは野菜ですが栄養素的にはでんぷんのためお米などの炭水化物と同じです。キャベツ、レタス、トマトなどのお野菜を生で食べるように努力しましょう。

 

その2:海藻をたべる

頭皮などにもいいとされているミネラルたっぷりの海藻は、お肌にもよくビタミンが豊富に含まれています。

 

もずくに関していうと消臭効果があるのかも?!なんていうことを言われたりしています。カロリーも低いためダイエットにも効果があり、便通もよくなるので積極的に食べるようにしましょう。

 

とある口コミサイトでは3食の食事の前に、もずくを1パック食べるということを1カ月程度続けたら体臭が和らいだそうです。

 

また、わかめやメカブに含まれるフコイダンというヌメリ成分も消臭効果があることで知られています。

 

腸内環境を正常化し、体の内側からすそわきがの臭い対策に効果を発揮してくれます。

 

その3:とにかく継続を!

ミネラルたっぷりの海藻や野菜は続けないと効果がありません。ニオイのケアは、デオドラントのスプレーや香水をかければよいというわけではありません。

 

ニオイがあるものはわきがやすそわきがのケアとしては一番やってはいけないことなのです。このように食べ物などから変えていくというニオイケアもあるということをわかっておいてください。

 

また最低でも1カ月は続けないと体内の細胞が変化しません。

 

また完全に身体の細胞が新しいものに入れ替わるのが半年かかると言われていますので、継続するようにがんばりましょう。

 

その他の食事療法

洋食より和食を選ぶようにしましょう。

 

和食というのは、煮物があったり魚があったりとバランスよく作られています。

 

またカロリー的にも低いものが多いのでおすすめです。

 

お肉料理や油っぽいものがNGというわけではないのです。

 

お肉だってたべてももちろんOKですし、魚だけでは偏った栄養になるのでお肉から摂取できるものはたくさんあるのです。そのときに過剰に食べたり、毎日同じ物を食べるということが問題なのです。

 

昨日はこれを食べたから今日はさっぱりしたものにしようとかバランスのよい食事を心がけましょう。

 

お肌のためにもコロッケや天ぷらなどの油ものも必要です。

 

その際は食べ合わせを考慮し、先にきゃべつを食べたりしながらダイエットのことも考えつつニオイ対策をしましょう。

 

すそわきがというのは織物や生理などのニオイとは異なります。なぜかというと膣内からでる分泌物ではないのです。

 

あくまでもアポクリン汗腺から分泌されるものがすそわきがの原因であるために、膣内など、体内からでる物質とは異なるのです。

 

すそわきがの治療や対策!効果的なクリームランキングBEST3!