すそわきがの手術失敗で後遺症が残るって本当なの?!

メスを持つ医師の手

 

すそわきが、これは女性のアンダー部分からわきがのニオイがしてしまうことです。生理や織物のニオイなどとは異なり、陰毛部分から汗のニオイ、わきがのニオイがするのです。

 

この問題はパートナーとの関係にもひびが入ったりトラウマになってしまったりすることもあるので治療やケアは慎重に行いましょう。

 

すそわきがの治療や対策!効果的なクリームランキングBEST3!

 

すそわきがの手術とは?

陰毛が生えて部分のアポクリン汗腺を除去するというものです。皮膚を切開してすそわきがの原因である汗腺を取り除くという手術になります。

 

わきが、またはすそわきがというのは汗腺からでる成分によってニオイが繁殖し、雑菌となって悪臭を放つのですが、ケアや手術というのは近年では大変メジャーになってきました。

 

人によって汗腺の大きさや数が異なるためニオイも異なります。

 

陰毛部分からのニオイとなると、性行為の際相手との関係悪化にもつながり、精神的につらいことになってしまったりもします。

 

すそわきがで悩んでいる方がいたらぜひとも手術をして少しでもニオイの改善をしていってもらいたいところです。

 

すそわきが手術は失敗も・・・

高度医療と呼ばれる現代ですが、その中でもやはり失敗はあったりもします。

 

医療ミスではありませんが、人によって体質なども異なるので術後の炎症などが起こる可能性もあるので手術の際は担当医師によく相談してからにしましょう。

 

すそわきがの手術というのは、まずVラインゾーンの毛を剃ることになります。

 

皮膚を切開しその中にある汗腺を取り除いていくためダメージが起こることがあると言われています。

 

傷口については一時的に陰毛が抜けるだけで済むという場合もありますがそのまま生えてこないということもあるようです。

 

また大変デリケートな部分でかつ、通気性が悪い箇所であるため術前のような皮膚の感じになるには数カ月かかるともいわれています。

 

シャワーもしばらくはNGですし、腫れや皮膚のつっぱりと感じることも多くあるようです。

 

すそわきが手術失敗による後遺症とは?

人によってまたはその手術方法などによっても異なるようですが、よく報告されている事例として下記のことがいくつかあげられます。

  • 術後の痛みが我慢できる範囲ではなく、眠れない
  • ニオイが再発、よりニオイがひどくなった
  • 術後4年も経過しているのに傷跡が目立つ
  • 前よりもニオイがきつくなった

などです。

 

成功して今では快適な生活をしている方も多いと思いますが、中にはこのような術後でも悩んでいる方もいらっしゃるのです。

 

そのようなリスクもあるなかでの手術ということを御認識ください。

 

また女性の場合は生理や出産があるため、そのようなデリケート部分にメスをいれたりレーザーを当てるということに関して多少のリスクはありということをきちんと把握しておきましょう。

 

その上で、どうしても手術をしたいということであれば一旦医師に相談し、痛み、経過、日々の生活においてのことをヒアリングしておきましょう。

 

またフルタイムワーカーであれば仕事を数日休んだりしなければいけません。そのようなバランスも考えなくてはいけないということです。

 

痛みによって仕事が手につかないということも多々報告されています。少なくとも個人差はあるものの、1カ月から2カ月はかかるそうです。

 

すそわきがのニオイのケアは手術でなくても出来る

自分で強烈なニオイと感じるほどであれば他人はその倍、臭いということになります。手についたらなかなか洗っても落ちない、そんなことも聞いたことがあるくらいです。

 

すそわきがは女性にとってみるとデリケートな問題です。

 

ただ、手術しなくても臭いを軽くできるかもしれません。食生活の見直しなどをすることで改善もできるということを知っていてください。

 

すそわきがの治療や対策!効果的なクリームランキングBEST3!